錦織圭がATPツアーで優勝!

錦織圭がATPツアーのデルレイビーチ国際で、第1シードで世界ランク12位のJ・ブレークに3-6, 6-1, 6-4で勝利をし
ツアー初優勝を飾りました。今回は予選から勝ち上がっての優勝だったんですがこれがまたすごい。
日本人選手としては松岡修造以来16年ぶりの快挙で二人目となります。
今回の優勝で世界ランクは131位に急浮上したそうです。

錦織圭といえば、日本人プレーヤーとしては初めてのウイルソン米国本社とのワールドワイド契約をしたことでも話題となりました。
ワールドワイド契約というのはどの国へ出向いてもウイルソンの現地法人がにサポートしてくれるということです。

世界一級のフォアハンドを持つといわれている錦織圭ですが、ブレークを破って優勝とは驚きです。
日本人史上初の四大大会ジュニア優勝をしたりしてたので将来が楽しみだなって思ってましたが。
全仏オープン楽しみですね。


今はこの新しく発売されたラケットを使っているのでしょうか?

AIGではn Tour Two 95を使ってましたけどどうなんでしょう。

ちなみにガットは
縦がENDURO PRO 16
横がWilson Natural 16

グリップテープはWilson Pro Over Grip 白

キャリーはWilson [K]PRO TOUR SUPER 6PK


だそうです。


テニスボール

草トーや、市民大会などの試合に出場されているかたも多いと思いますが
その試合で使われるボールについて調べたりしてますか?

試合になったら調子が出ないなぁ・・・
って思っている方はボールにちょっと目を向けてみてください。
もしかしたらボールが原因かもしれません。

いつも出ている試合ならどのボールを使っているかわかりますが
初めて出る試合などわからないですよね。
試合に出るまえに主催者に聞いてみるのもいいでしょう。


昔、私の言っていたスクールでは最初こそ打ちやすいのですが
1ヶ月後にはぺこぺこになってほとんど跳ねなくなってました。

で、試合になるとニューボールを出したりするので
調子が狂っちゃうんですよね。
サーブはオーバー、レシーブもオーバー(笑)



ボールが違うだけで跳ね方はもちろん感触や飛距離も変わります。
よく、J.T.A公認球とかI.T.F.公認球って見たり聞いたりすると思います。

I.T.F.とは国際テニス連盟
J.T.A.とは日本テニス協会
のことで、公認球にはボールのケースに記載されています。

ボールにももちろんラケットと同じように規格があります。
直径や重さ、そして変形具合、弾み具合など。

でも規格があるといっても
使われているゴムやフェルトなどが違うため
ボールの種類によって打球感とか違ってきます。
だから、いつもならコートに入っているはずのボールがアウトしたりネットすしたりするんです。


では、公認球と非公認球の違いってなんなのでしょう?
規格に基づかれていて品質がいいのは当然ですが
メーカーが協会とかに公認してもらうために公認料ってのを払っているのです。

メリットは、
払うことによって、協会や連盟が主催の大会に使用球として使ってもらえるというわけです。
公認ってだけで使ってもらえるわけでもないみたいですが(何種類もあるので)
公認球を使う必要はあるわけです。

メリットはそれだけではありません。
それは、
今度出るテニスの試合に使われるボールを
試合に出場する選手が購入するわけです。

プロなど試合に勝つことが前提ですので
試合当日にいつもとボールが違うから勝てないなんて言ってられません。

ブランドの価値が上がることももちろんあるでしょうが
試合に使われることで、出場選手にも売ることができるというわけです。



●公認球の紹介(楽天市場で一番安いところ)

公認球として一番有名なのは
DUNLOP の FORT でしょうね(個人的な意見ですが)

ATP/WTA公認ツアー大会や多くの主要大会で使用されている誰もが認めるテニスボールで
I.T.F J.T.A公認球のいわずとしれた最高級のテニスボールです。
一度打ったらやみつきになるあのマイルドな打球感がたまりませんよね。
DUNLOP FORT 60球 15225円(送料込み)

他には
I.T.F.、U.S.T.A.、J.T.A.公認球である
Wilson の DC Tour
Wilson DC Tour 72球 7560円(送料別)

それにI.T.F、J.T.A 公認球である
ブリジストン の XT8
BRIDGESTONE XT8 60球 10500円(送料込み)

それと
最近新発売となった
I.T.F.、J.T.A.公認球の
DUNLOPから発売されたSRIXON
DUNLOP SRIXON 60球 16500円(送料込み)

先日おこわなれたジュニアの大会でも使われていました。
たぶんジュニアのスクールではこのボールを大量に買ったはず・・・


でも、公認球って値段が高くて
普段の練習球としては買うことって一般のプレーヤーにとっては
厳しいですよね。

予算の少ないサークルにはちょっとつらいです。
でも、そんな場合にこのボール。
DUNLOP St.JAMES 60球 6600円(送料込み)


私のサークルでも使用しているボールです。FORTのマイルドな打球感を継承しているSt.JAMESです。
公認球でこそないですが、値段も手頃でJ.T.A推奨球となってます。
打球感もやわらかく耐久性もあります。

私のサークルでは3ヶ月に1度60球(1箱)交換しています。
いつも3箱分くらい使っているのですが、1箱ごとに印をつけておいて3ヶ月たてば丸ごと交換しています。
試合球用に何缶かは保存しておきますが。
試合にはやっぱり新球を使いたいですよね。


あと、ブリジストンのツアープロなども手頃な値段です。
ブリジストン ツアープロ 60球(送料込み)
好みだと思いますがツアープロはちょっと固い感じがするので私は、St.JAMES派です。


ボールはこのプリンスのキャスター付きボールケースを使用しています。
ボールだしにも便利だし持ち運びも楽チンです。

伊達vsグラフ あの夢の対決が再現される!

来年の3月15日に、日本の元エースである
伊達公子さんと、元世界ランキング1位で
アンドレアガシの妻である、シュテフィ・グラフが
対戦するんです。

このドリームマッチは3月15日に東京の有明コロシアムで
行われるそうです。

それになんと、あのガブリエラ・サバティーニも参加し
この3人での総当たり戦なんです!!!

現役をかなり前に引退したこの3人なのでどこまで
調整できるんだろ?って思いますが
すごく観戦したいです。。。

10年くらい前?に大阪城ホールで同じく
伊達vsグラフの試合があったのですが
たしかグラフの引退ツアーみたいな感じだったかな?
そのときに実は観に行きました。

生でみたグラフのスライスとフォアの逆クロスには
すごく驚かされたのは今でも覚えています。

これまでの対戦成績は1勝7敗です。
もちろんこの1勝はあの96年のフェドカップです。
激戦の末に勝ち取った1勝なんです。
(観てた人は記憶に残っていると思いますが)
あの試合はほんとにすごかったんですよね。

伊達さんは今回のドリームマッチでグラフと対戦できるのなら
本格的に練習を始めないとって気合いが入っているそうです。

あ〜行きたい・・・

ラケットが値上がる?

カーボンが航空機で大量に使われるため
テニスラケットの値段が上がるとニュースでやっていたらしいです。
ラケットってほとんどカーボン素材ですよね。

たとえばこのラケットにもエアカーボンというのが使われています。

エアカーボン


このラケットには
航空機の翼やエンジンルームを構成するために開発されたエアカーボンというものを
使っているそうです。
このエアカーボンは超軽量で優れた耐久性を兼ね備えたカーボンの繊維をフレームに
使うことでねじれにも強くなり操作性もよくなるんだそうです。

どれくらい値段が上がるのかはわかりませんが、2,3割くらい上がるのでしょうか?
もし5千円くらい上がるのなら今のうちにラケットは買っておくほうがいいでしょうね。

もうすぐしたらまた新しいラケットも出てくるみたいですが
そのころには上がっているのでしょうか・・・


人気blogランキングへ

テニスショップに求めるもの

私達、一般のテニスプレーヤーがテニスショップに求めるものとは何でしょうか?
やっぱり1番はテニスラケットの値段ですよね?安い方がいいです。
また、中古ラケットを求める人も多いかもしれません。
私は、ガットの張り替えも重視します。

結構頻繁にガットが切れちゃうので加工料金もバカになりません。
500円で張ってくれるところもあれば3000円するところもあります。
腕やこだわりがあると思いますのでそれは仕方がないとは思います。
実際に張られて判断するか知り合いに聞いてみるしかありません。

決して500円で貼ってくれるところが悪いわけではありません。
ちゃんとGOSENの張り人でも500円のところもありますよ。

あと、ラケットやシューズの種類の多さですよね。初めてラケットを
買う人なら多いほうが選択肢が多くていいでしょう。
それにできるだけラケットを買うときは、ラケットに詳しい方と一緒に買いに行くのをおすすめします。


つづく・・・


人気blogランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。